第70回トニー賞受賞作品であり、噂の絶賛ロマンティック・ミュージカル『She Loves Me』がスクリーンで帰ってくる!

画像1: ©Joan Marcus
©Joan Marcus

どんなにすれ違っても、運命の糸は必ず結ばれる

ストーリー

主人公は共に香水店で働くアマリアとジョージ。犬猿の仲にあるふたりは、仕事中もことあるごとに衝突を繰り返し、お互いに折れる様子がない。ところが、ふたりがそれぞれ好意を寄せている匿名の文通相手が、実はお互い同士だったなんて!ついに恋しい文通相手の正体を知ったふたりは、めでたく恋を成就させることができるのだろうか……?

画像2: ©Joan Marcus
©Joan Marcus

トム・ハンクス&メグ・ライアン主演映画『ユー・ガット・メール』の原点。“人生は短い。だから気持ちを伝えようー。”

今回の『シー・ラヴズ・ミー』は、まったく新しいプロダクションです。 このミュージカルのストーリーは、観客の多くが知っている内容でしょう。というのも、原作が1937年初演のミクロス・ラズロの『パフューマリー』だからです。これは、『桃色(ピンク)の店』から『ユー・ガット・メール』に至るまで、何度となく、原作として活用されてきました。また、『シー・ラヴズ・ミー』の楽曲も、舞台ファンの方であれば、耳にしたことがあるはずです。ソプラノ歌手をご存知であれば、『バニラ・アイスクリーム』を耳にしたことがあるに違いありません。 BroadwayHDとラウンドアバウト・シアター・カンパニーは、「She Loves Me」の名を世界へ広める事に成功しました。世界をあっと言わせ批評家から絶賛されたこのトニー賞受賞ミュージカルを、新たにリマスターした映像でお届けいたします。

画像3: ©Joan Marcus
©Joan Marcus

受賞リスト

第70回トニー賞(ミュージカル部門ミュージカル・リバイバル作品) : ミュージカル装置デザイン賞(デヴィッド・ロックウェル)

キャスト

ジョージ・ノワック役:ザカリー・リーヴァイ
アマリア・バラッシュ役:ローラ・ベナンティ
イローナ・リッター役:ジェーン・クラコウスキー
アルパッド・ラズロー役: ニコラス・バラシュ
スティーブン・コダーイ役: ギャヴィン・クリール
マラチェック役:バイロン・ジェニングス

スタッフ

監督:デヴィッド・ホーン
脚本:ジョー・マスタロフ
作曲:ジェリー・ボック
作詞:シェルドン・ハーニック
舞台セット・デザイン:デヴィッド・ロックウェル
衣装デザイン:ジェフ・マーシー
ヘア&ウィッグデザイン:デヴィッド・ブライアン・ブラウン
メイクアップ・デザイン:クリスチャン・マカロック
プロダクション・ステージ・マネージャー:スコット・テイラー・ローリソン
音楽監督:ポール・ジェミニャーニ
振付:ウォーレン・カーライル
演出:スコット・エリス
エグゼクティブ・プロデューサー:シドニー・ビアーズ
エグゼクティブ・プロデューサー:スチュアート・レーン、ボニー・カムリー

配給:松竹

©BroadwayHD/松竹

〈米国/2016/16:9/133分/5.1ch〉 日本語字幕スーパー版  

This article is a sponsored article by
''.