第70回トニー賞受賞作品であり、噂の絶賛ロマンティック・ミュージカル『She Loves Me』がスクリーンで帰ってくる!

画像1: ©Joan Marcus
©Joan Marcus

作品について

どんなにすれ違っても、運命の糸は必ず結ばれる

今回の『シー・ラヴズ・ミー』は、新しいアプローチで作られたミュージカルです。 このストーリーは皆様も馴染み深い内容でしょう。原作はミクロス・ラズロの『パフューマリー』(1937年初演)です。このミュージカルは、『桃色(ピンク)の店』や『ユー・ガット・メール』など、何度も原作として使われてきました。

そして『シー・ラヴズ・ミー』の音楽も、ファンの方々は何度も聴いた事があると思います。舞台で使われている『バニラ・アイスクリーム』も皆様ご存知の事と思います。

世界で絶賛されたトニー賞受賞ミュージカル『シー・ラヴズ・ミー』を、新たな映像でお届けします。

画像2: ©Joan Marcus
©Joan Marcus

ストーリー

トム・ハンクス&メグ・ライアン主演映画『ユー・ガット・メール』の原点。“人生は短い。だから気持ちを伝えようー。”

ジョージとアマリアは香水店で働いている。仲が悪い2人は、事あるごとにいつもぶつかり合っている。ところが、2人には気になる匿名の文通相手がいて、それが何とジョージとアマリアだった!
文通相手が当人同士であることが発覚した2人は、果たして、恋愛を実らせることができるのだろうか……?

画像3: ©Joan Marcus
©Joan Marcus

受賞リスト

第70回トニー賞(ミュージカル部門ミュージカル・リバイバル作品) : ミュージカル装置デザイン賞(デヴィッド・ロックウェル)

キャスト

ジョージ・ノワック役:ザカリー・リーヴァイ
アマリア・バラッシュ役:ローラ・ベナンティ
イローナ・リッター役:ジェーン・クラコウスキー
スティーブン・コダーイ役:ギャヴィン・クリール
アルパッド・ラズロー役:ニコラス・バラシュ
マラチェック役:バイロン・ジェニングス

スタッフ

監督(シネマ版):デヴィッド・ホーン
演出(舞台版):スコット・エリス
振付:ウォーレン・カーライル
脚本:ジョー・マスタロフ
作曲:ジェリー・ボック
作詞:シェルドン・ハーニック
舞台セット・デザイン:デヴィッド・ロックウェル
衣装デザイン:ジェフ・マーシー
照明デザイン:ドナルド・ホルダー
音響デザイン:ジョン・ウエストン
音楽監督:ポール・ジェミニャーニ
舞台制作/プロデュース:ラウンドアバウト・シアター・カンパニー
エグゼクティブ・プロデューサー:(BroadwayHD)スチュアート・レーン、ボニー・カムリー

配給:松竹  ©BroadwayHD/松竹 〈米国/2016/16:9/133分/5.1ch〉 日本語字幕スーパー版  

This article is a sponsored article by
''.